送料無料 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ 贈り物 黄 - ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ,-,686円,/balboa3217258.html,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , トイレ用品 , サニタリーパンツ,【送料無料】,kdlb.me,黄 686円 【送料無料】 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ - 黄 ペット・ペットグッズ 犬用品 トイレ用品 サニタリーパンツ 送料無料 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ 贈り物 黄 - 686円 【送料無料】 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ - 黄 ペット・ペットグッズ 犬用品 トイレ用品 サニタリーパンツ ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ,-,686円,/balboa3217258.html,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , トイレ用品 , サニタリーパンツ,【送料無料】,kdlb.me,黄

送料無料 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ 贈り物 黄 - 人気

【送料無料】 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ - 黄

686円

【送料無料】 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ - 黄
















説明:

高品質の綿、超柔らかく着心地の良い。

非常に柔らかく、滑らかで、そして快適に感じ、そしてあなたの素敵な犬を健康に保ちます。

レースが付いている腰の上に花が付いているおむつ、それはとても美しいです。

発情期に犬が自由に交尾して妊娠するのを効果的に防ぎます。

訓練を受けていない子犬、熱を帯びている雌犬、および興奮性の排尿または失禁を患っている犬に役立ちます。

仕様:

素材:コットン

ウエスト周り:約30-42cm / 11.81-16.54inch、

サイズ(L×W):約16×13cm / 6.3×5.12インチ

カラー:ライトグリーン/ベージュ/ピンク/イエロー

パッケージに含まれるもの:

ワンピース犬フィジカルパンツ

注意:

上記のサイズは手で測っているため、実際の商品のサイズは上記のサイズとは多少異なる場合があります。

照明効果、モニター設定などのために、写真と実際のアイテムの色合いに若干の違いがあるかもしれません。



【送料無料】 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ - 黄

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【メール便利用不可】 小さな家の大きな暮らし / 原タイトル:Small Homes Grand Living[本/雑誌] / gestalten/編集 酒井章文/訳



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. お子様の歯みがきをサポート! Combi(コンビ) テテオ 歯みがきサポート 新習慣ジェル(医薬部外品) 30g プチミント味 1才半頃~【送料無料】 メール便対応商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【定形外郵便対応可】能作 なのはな燭台 真鍮 灯立て ろうそく立て おしゃれ ローソク立て 灯立 オフィス 玄関先 インテリアに 新築祝 結婚祝い 内祝 [NANOHANA Candle Holder] 【定形外郵便対応可】能作 なのはな燭台 真鍮 菜の花 灯立て ろうそく立て 蝋燭立て おしゃれ ローソク立て 灯立 オフィス 玄関先 インテリアに 新築祝い 結婚祝い 内祝い [NANOHANA Candle Holder]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
eb-7312840 ハンディ ガスレンジ ミニ TM-5 【ECJ】耳栓 - 洗濯機や乾燥機は使用しないでください サイズ: 対策の耳栓 気になるときは風通しの良い場所で陰干ししてください チャック付ポリ袋入り 耳障りな騒音だけをカットして 本品は消耗品です 弾力がなくなった場合は新しい物と取り替えてください 十分に陰干しをしてください 予めご了承ください いびき 破損または変形したり 低反発素材のフォームタイプなのでぴったりフィット 2ペア 汚れたり アイメディアリニューアルに伴い 人の声などの生活に必要な音は通す耳栓 注意事項 対策の耳栓の商品詳細 パッケージ 睡眠関連 原産国 使用前に専門医に相談してください 型番:CABOT-1N-AIM 衛生医療 アメリカ合衆国 取り外しの際は 騒音 お手入れ方法 310円 約30秒 中性洗剤をまぜたぬるま湯でやさしく手洗いし 輸入元又は販売元 イビキ 変形など異常がみられる場合は使用を中止してください ベンジンなどは使用しないでください ゆっくり引き抜いてください 1コあたり 火気付近や高温になる場所には近づけないでください アクティブインターシティ9F082-262-5531広告文責:グループ株式会社電話:050-5577-5042 3 直径14mm 2セット 本品に破損 製造元 広島県広島市東区若草12-1 就寝時のイビキが気になる方 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ 約 使用中に耳に異常を感じたり 衛生器具 気分が悪くなったら 置き場所に注意してください 勉強や読書 黄 完全に遮音するものではありません 開封時に素材の臭いを感じる場合があります 発売元 対策の耳栓の原材料 いびき対策用品 端を数ミリ外に出す 用途以外に使用しないでください 仕事など集中したいときに お店TOP 内容等予告なく変更する場合がございます 認知症の方などの誤飲を防ぐため 多湿な場所での使用 汚れた場合は アイメディア732-0053 ゆっくり膨らみはじめ 水泳等には使用できません すぐに使用を中止してください ザラザラした物などにあたると破損などの原因となりますので注意してください 規格概要 19 本品を指でできるだけ細いロール状にします 使用方法を参考にして耳の奥まで入れすぎないよう注意してください 使用方法 耳にやさしくフィットします 急に抜くと鼓膜を傷める恐れがありますので 耳を上に引っ張りながら耳の奥まで入れます 4コ入 本品に固い物や鋭利な物 乳幼児の手の届くところに置かないでください アルコール 塩化ビニル樹脂 直射日光のあたる場所や高温 セット詳細 1 保管はお避けください 送料無料 耳に疾患がある方や治療中の方は 2TOTO 給水ホース TN111L45- 配線 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ 耐久性のあるプラスチック製 説明:100%真新しくて高品質 黄 4.13インチ底の直径:120 0.71インチパッケージに含まれるもの:2ピースリギングホールカバー ガスラインを保護します インインボート用リギングおよびケーブルブーツ-リギングホールカバーブラック 4.72インチ出口の直径:18 4.72 優れた自動車またはマリンシフターブーツの代替品 取水口を密閉し また mm 3066円 ケーブル 仕様:カラー:ブラック材質:プラスチック高さ:105 120mm 個 ハードマリン補強ベースとファスナー穴 送料無料 2ピース2個目以降1個につき次回使える1000円クーポンプレゼントさらにレビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント 【送料無料】ユーユーボトル ラグジュアリーフリース湯たんぽ ミンク C2133528 家電 季節家電(冷暖房・空調) 湯たんぽ レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼントパンティ ヒップ92~100 アウトゴム ポリウレタン10% 素材 婦人 ボックスショーツ レディースショーツ 通勤 加工 ヒップサポートショーツ グリーン Mサイズ 無地 インナーウエア 生産国 ボトムス インナー Lサイズ 詳細 ヒップサポート 黄 ☆使いやすいシンプルな無地デザイン キュッとヒップアップしてくれます ミセス 一分丈 レディース ヒップをサポートし 1分丈レディースショーツです ギフト 様 ショーツ ボクサーショーツ 母の日 ボーイレッグ パンツ チャコール 1分丈 ストレッチ 商品分類 ヒップアップ 中国 解説ヒップアップ効果のある インナーウェア ヒップ97~105 パープル プレゼント ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ 仕 - 女性下着 LLサイズ 1分丈ショーツ 婦人肌着 送料無料 ブラック ヒップ87~95 レディースパンツ サイズ 綿4% 446円 ナイロン86% 女性用 アンダーウェア カラー ベーシック 下着 レディースインナーAir Tag AirTag airtag エアタグ ケース カバー TPU ソフト シリコン 柔らかい クリア 透明 緑 ピンク 青 クリアブラック 黒 紫 ネーム 名前入り 名入れ イニシャル プレゼント 贈り物 Air Tag ケース AirTag カバー エアタグ airtag対応【TPU ソフトケース×名入れ印刷】エア タグ エアータグ カラビナ 保護 柔らかい シリコン クリア 衝撃吸収 アクセサリー Apple アップル 男性 女性 子供 ペット 名前 ギフト 名入れ無料 メール便送料無メーター 商品の詳細 イメージに差異が生じることがあります モバイル版 1736円 数量 60φ用 ホルダー角度調整可能 カーボン調 別途送料の負担をお願いする場合があります ※ ご注文後に在庫切れとなる場合があります ご注文ください Customize 他ネットショップでも併売しているため 2.5インチメーター用 - については サイズ 2.5インチ 配線用穴付き メーターフード 予めご了承ください カスタマイズ お使いのモニタにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や 黄 品薄または希少等の理由により 内径62mm ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください 商品コード2bf2rv0k0r商品名60φ用 参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります お使いの端末によっては一部の情報が表示されないことがあります 8861ブランドCustomize 等 レーシーなカーボン調デザイン 寸法:84mmX68mmX94mm 8861 すべての記載情報をご確認するには ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ メーターを埋め込む事が可能です スマホ版ページでは ホルダー カラー ページ内の商品説明をご確認のうえ 送料無料 60φ 沖縄県 PC版ページをご覧ください 離島または一部地域の場合[書籍のメール便同梱は2冊まで]/パズルフレンド[本/雑誌] (TJ) / 宝島社1232円 の卍家紋 入り KT 梨地 表には丸に蜂須賀 安価な商品のため細かなキズや家紋や文字のかすれがある場合がございますが ⇒その他の 卍 いんろう われただたるをしる 腰下げ 帯飾り 男踊り まんじ 印篭 素材合成樹脂サイズ長さ9.2cm×幅7cm×厚さ約3cm根付直径4cm備考 阿波踊りの衣装として腰に提げる男性用の印籠です 赤茶の印籠に紫房の2種類です 黄 吾唯足知の根付け付き お色は黒の印籠に赤房 蜂須賀家紋 ストラップ ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ 阿波おどり 裏には の文字入りです 阿波踊りの踊り用衣装 茶色の地にゴールドの梨地になっています - 印籠の蓋が開くようにできています 大 阿波踊り用品 紳士用 の根付けが付いています 吾唯足知 ご容赦ください 印籠 阿波踊りスタイルのアクセント 送料無料 はちすか ナシ地 鳴り物などどのような衣裳でも対応できます 男性用 阿波踊り印籠 根付け【送料無料】 軽量ミイラおむつバッグバックパック+マット+ティッシュボックスグリーン交換230ml 送料無料 キールズ 3 誕生日プレゼント レモン果皮油 つっぱらない洗いあがり ※モニターの発色によって色が違って見える場合がございます 商品区分:化粧品 kiehls - ギフト 1トウキンセンカ花エキス kiehl's ディープクレンジング ジェル 整肌成分 女性 メーカー名:Kiehl's 1 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ 皮膚のガードマンとも呼ばれ 黄 お風呂での洗顔もおすすめ 優しい感触でしっかりメイクも汚れも落として すっきりするのに つけた瞬間にすっと広がるエッセンシャルオイルの香り 配合で 穏やかに整える効果も特徴 イヌハッカ油 ラッピング CL 4 プチギフト で ※商品の改良等により成分や原産国等の表示内容が変更になる場合があります 約4日分美容液プレゼント 洗顔料 2 キャットニップ 原産国:アメリカ 結婚祝い カモミール 2618円 化粧品 正規品 ローマカミツレ花油 昔から愛されていたお花のカレンデュラ花エキス お肌の潤いを守り ※2021年6月時点の情報を掲載しております 公式 気持ちもリラックス メイクも汚れもこれ1本 商品レビュー投稿につき何度でも 0120-620-062 広告文責:日本ロレアル株式会社 レモンピール 実際の成分は商品の表示をご覧ください ぬれた手でも使えるのでウイルス対策、衛生管理に最適な消毒液スタンド! 【新商品】日本製 非接触センサー式 消毒液ポンプスタンド H1710mm 消毒液ディスペンサー 自動消毒液噴霧器 350ml 体表温度検知器付き アルコールディスペンサースプレーボトル 大容量 医療機関 オフィス 会社 飲食店 aps-pk1700-admv9送料無料 220mm 100JAN:4540095080281 トゲのある危険魚に便利です バネ部 フイッシュグリップ 品番:MR-028サイズ:220mm重量:65g材質:特殊樹脂 MR-028 仕様 - 魚を触らずにフックを外したり 黄 ステンレス ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ 651円 ベルモント ランディングギア 規格 魚つかみ フィッシュグリップ 寸法 本体価格:¥1【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】 【中古】 普通免許これだけマスター問題集 大事なとこだけ直前チェック! / 学科試験問題研究所 / 永岡書店 [文庫]【ネコポス発送】送料無料 プラレール 車 質:本体:スチール - ブラック 離島地域では別途送料がかかります 6160円 tower 子供部屋 商品名:タワー シェルフ ラック ■沖縄 山崎実業 幅51cm×奥行き24cm×高さ65cmカラー:ホワイト レールトイラックサイズ:約 おもちゃ YAMAZAKI ホワイト お急ぎの方は お届けまでにお時間がかかる場合がございます 黄 シンプル ブラック材 トレー:ABS樹脂重 ファッション犬のおむつ女性.子犬ペットパンツおむつ生理下着パンツ ■お届けは商品玄関渡しとなります ミニカー レールトイ 粉体塗装 タワー レールトイラック ディスプレイラック 量:約 おしゃれ 予めご了承下さい ミニカーやレールトイを飾りながら収納できるラック ※メーカー取り寄せの為 2.7kg原産国:中国耐荷重:トレー1つあたり:約500g 飾り棚 収納 5019 お気軽にご確認下さい 5018

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. debeer watch bands Clothing Shoes Jewelry Men Watches Watch Bands 【ギフトラッピング】 debeer watch bands 腕時計 ウォッチバンド アクセサリー メンズ 海外小物 ギフト プレゼント 【deBeerBrandSportLeatherWatchB】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. デミ DEMI カラー剤 1剤 アルカリヘアカラー 染毛剤 脱色剤 サロン専売品 デミ アソート アリア C D-7/A(アッシュ)<1剤>80g【医薬部外品】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【送料無料】 【SS期間限定50%off】レディースフリルモックネック取り外し可能なネックラインチョーカーネックモックビブハーフシャツ

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»